読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VMWare + CentOS

Linux

Windows 7に付属のVirtual PCで、Linuxをインストールしようと思ってたけど、無理だった。正確には、インストールはできたけど、自分の望む形にできなかった。

というのも、Virtual PCで仮想HDDを作る必要があるんだけど、100GB以上の仮想HDDを作ろうとするとことごとく失敗する。

なので、100GBの仮想HDDを3つ作って、300GBとして、論理ボリュームにすればいいかな?と思って、試してみた。
しかし、結果は失敗。いや、HDDの作成は成功したけど、ext4へのフォーマットが一日かかっても終わらない。
物理HDDは一つだからアクセス負荷が高すぎるのか?と思って諦めた。

次に、100GBの仮想HDDを2つ(物理HDDも別)にして、インストールすると、フォーマットは成功するが、パッケージのインストールでフリーズする。
なので、この方法も諦めた。

ちなみに、100GBの仮想HDD一つだと何の問題もなくインストールできる。

土日にせこせこやってたので、ここまでくるのに、2週間ぐらいかかってしまった。

Virtual PC以外の選択肢も検討することにした。
備え付けの環境でできてしまいますよ。っていうのがカッコいいのに、早くも諦めた。

いろいろ調べて、VMWare Playerなるものを知る。
そうか、今、VMWareもタダなのか。

なので、これを試す。
凄い。一時間で終わってしまった。

コア数やメモリサイズやHDDサイズの指定も細かくできるし、Linux簡易インストールモードという凄い機能もある。
VMWareすげー。惚れてまうわー。

f:id:ryokkie:20120205175004p:image

とまぁ、1月中旬から取り組んで、ようやくLinux仮想マシンで利用できるようになった。
無駄に長かったな。

広告を非表示にする