読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SVN

Linux

Eclipseでのソース管理をやりやすくするためにSVNを導入してみた。
最近だとGitなんだろうけど、SVNに慣れているので、こっちにした。

VMWare上のCentOSSVNのサーバーを構築した。
参考にしたのは、以下のサイトです。

http://d.hatena.ne.jp/bonvivant/20090514/1242231536

これで、

  • trunk
  • tags
  • branches

といういつものやつがCentOSに作れたので、次に、プロジェクトを登録する。

WindowsにあるEclipseのプロジェクトをLinux上に持っていくので、FTPを使おうとしたんだけど、なぜかうまくいかなかったので、途中であきらめた。

結局、Sambaを利用して、WindowsとLinuxでファイル共有することにした。
参考にしたのは、以下のサイトです。

http://nob-log.info/2010/08/05/vmware-centos-samba-windows/

「Windwos7」と「CentOS 6.2」の組み合わせで簡単にできた。

これで準備はできたので、今までのプロジェクトをLinuxにコピーして、SVNのサーバーに登録する。
参考にしたのは、以下のサイトです。

http://www.ne.jp/asahi/hishidama/home/tech/svn/command.html#svn_add

上記のサイトに書いてあるコマンドをそのまま実行してもうまくいかなかったので、少し変更した以下のコマンドで登録した。

# svn import /aaaaa/bbbbb/MyProject file:///xxxxx/yyyyy/svn/project/trunk -m 'import MyProject'

SVNのサーバー側の設定はこれで問題なくできたので、後は、Eclipseのクライアント側の設定を行えば、EclipseからSVNでソース管理ができる。
参考にしたのは、以下のサイトです。

http://kurusugawa.jp/2011/04/30/how-to-install-subversive-plugin-to-eclipse-helios-36/

最後に、SVNからEclipseにプロジェクトをimportすれば、EclipseからSVNを使ったソース管理ができます。

ここまででやるのに3時間ぐらいかかった。
たぶん、手順をわかっていれば、30分ぐらいでできると思う。

広告を非表示にする