読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計リテラシー

一般

GWの最終日に読み始めた「統計学が最強の学問である」を読み終える。

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

統計リテラシーという言葉には同意した。21世紀は、読み書きと同じように統計も重要となるだろうし、それを啓蒙してくれる良い本だと思う。特に前半の疫学や生物学と絡めた説明にはかなり引き込まれてすぐに読み終えた。ただ、他の方もレビューしているように後半は失速して、何が言いたいのかよくわからないまま終えてしまった。なので、素晴らしい本ではないです。そもそも数学的な説明はほとんどないですし、この本を読んだからって統計解析ができるわけではないでしょう。ただ、社会人の統計学への導入としてはオススメしたい。

私は、統計にあまり詳しくないため、様々な技法が一般化線形モデルで説明できるというのには感動しました。わずか1600円でその理解が得られて良かったです。

ITと統計は融合していて、今では、個人で簡単にデータを集計して、統計解析ができます。例えば、テキストデータもWikipediaのデータはダウンロードで簡単に手に入ります。ペタバイトクラスのビッグデータは、企業しか持っていないですが、そこまで巨大なデータはなくても、統計の知識とコンピュータとRがあれば、個人でもかなりの分析ができるはずです。

私は、テキストマイニングから統計をちょっとやっただけでした。ただ、実社会で利用しようと思うとそれではダメですね。全然、知識が整理されていない。今年は、もうちょっと勉強しようと思います。

広告を非表示にする