読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Javaでのテスト

Java

仕事上は、Cやったり、Javaやったりな生活ですが、家での開発は、Javaを使ってます。

https://code.google.com/p/sbvj/

テストには、主にJUnitとEclEmmaを使っているんですが、ネット上に情報がたくさんあるってわけではないんで、我流で使ってます。ふと、もっといいやり方があるのでは?と思って、以下の本を買ってみました。

JUnit実践入門 ~体系的に学ぶユニットテストの技法 (WEB+DB PRESS plus)

JUnit実践入門 ~体系的に学ぶユニットテストの技法 (WEB+DB PRESS plus)

まだ、パラパラとめくっただけなので、あまりわかっていないですが、JUnitのお作法みたいなものを学べればいいなぁと思っています。

この本でもEclEmmaが推奨されているようなので、自分の選択に安心しました。Eclipse使っているなら、EclEmmaいいっすよ。

http://www.eclemma.org/

可視化されるとテストの漏れとか発見しやすいですし。

ただ、assert文の実行箇所がいまだにグリーンにならないのが悩み。まぁ、これは、内部コードを考えたら仕方のないことですが。なんかいいバッドノウハウでもあるかなぁと本を見てみましたが、特に書いていませんでした。

結局、本にも書いてありますが、カバレッジに数値目標(グリーンが90%以上とか)を定めることが不毛なことなんでしょう。EclEmmaみたいなカバレッジの可視化ツールを使う本来の目的は、可視化によってテスト不十分な箇所を特定したりして、生産性を上げつつ、品質を上げることなんだと思います。

Cの場合は、仕事上、90年代に作られたソースの保守とか改造が多いんで、なかなか最新の生産性を上げるツールとかを導入しにくいのがつらいところです。

Javaの場合、JUnitとEclEmmaがあると、テストが苦痛ではなくなります。

広告を非表示にする